TOP | 共同研究 | 共同研究の例

DO IT TOGETHER!

共同研究

お客様企業との共同研究


共同研究は,お客様企業と弊社が一緒に特定の課題解決に向けて研究と実践に取り組むものです。お客様が持つ経験知,弊社が持つ解決事例,さらには大学の研究者も交えて進めることが可能です。例えば当社創業者鈴木が現在勤めている名古屋大学大学院経済学研究科鈴木智之研究室も交えて,人事・採用課題に取り組む体制も構築できます。その場合,貴社,弊社,大学の3者で課題解決に取り組みます。

共同研究のメリット


自社が抱える経営課題について学術研究の視点から解決を図ることができます。特定の経営コンサルティング会社や人事・研修会社の内部ノウハウではなく,人類全体に世界中で共有された高度な知見をもとにした検討が可能です。

共同研究の事例


一例ですが,以下のような共同研究をこれまで推進してきました。
・大手メーカーA社:エントリーシートデータから大学生の意識がどこまで推測可能かの予備検討のための共同研究。期間6カ月間。
・大手メーカーB社:採用面接における発話内容から自社で適切な評価結果と実際に評価された結果との差分分析のための共同研究。期間4カ月。
・大手メーカーC社:人事制度改定のための共同研究。期間1年。
・大手保険業D社:リーダーを選抜するための検査に関する共同研究。期間8カ月。
・大手エンターテインメント業E社:退職者の退職原因を探索する共同研究。期間3カ月。

With
Univ of TOKYO

東京大学との共同研究・受託研究

東京大学大学院情報学環における産学連携プロジェクトに当社が参画しています。東京大学大学院教授・山内祐平研究室における株式会社マイナビとの共同研究例です。

Do it TOGETHER!

プロジェクト

共同研究プロジェクトのお誘い


当社や大学の研究機関も含めた共同研究プロジェクトによって貴社の採用・人事課題を科学的・客観的に解決しませんか?